• PPP事業は新たな影の銀行なのか(04/25)
    1月~3月期の中国の国内総生産(GDP)が前年同期比6・9%増となったと発表されました。中国国家統計局は4月17日、インフラと不動産の建設事業が経済成長増加の主因であると述べました。
  • 上海市役所前で数千人が抗議 投資詐欺被害訴え(04/24)
    4月19日、上海市役所の前に投資詐欺の被害者ら数千人が集まり抗議活動を行ったところ、出動した大勢の警官によって解散させられました。
  • 今年初めの3カ月間に処分された汚職役人8万5千人【禁聞】(04/24)
    中国共産党中央規律委員会は、全国の規律検査監察機関が今年第一期に処分を行ったのは約8万5千人に達し、そのうち14人が省部級の幹部であったと発表しました。
  • ケーキの箱から中国の刑務所からのメモ 米NYで(04/24)
    ケーキ屋を経営するニューヨークの女性が包装に使う箱を拓いてみると、中国の刑務所で書かれたものと見られる一枚のメモ書きが入っていました。いったいどういうことでしょうか。
  • 為替操作国の認定回避でも安心できない中国【禁聞】(04/21)
    アメリカ財務省がこのほど発表した各国の為替政策に関する報告では、トランプ米大統領が選挙で公約に掲げていたのとは異なり、中国を為替操作国に認定しませんでした。今回為替操作国への認定を免れた中国はこれで安心できるでしょうか。
  • 拘束された夫救出のため勇敢に闘う妻たち【禁聞】(04/16)
    中国当局に拘束されている台湾のNGOメンバー、李明哲(り めいてつ)さんの妻は、夫の消息を得るため北京訪問を予定していましたが、「台胞証(台湾居民来往大陸通行証)」を無効化したためで、事実上入国を拒否されました。
  • 一日に17の金融機関が処罰対象に【禁聞】(04/16)
    金融危機の発生を防ごうと、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が現在すでに表れている問題の解決を急いでいます。銀監会の最新の発表によれば、3月末のある一日の間に17行の銀行を処罰しました。
  • 米中首脳会談で中国、令完成の引き渡しを要求【中国1分間】(04/14)
    米メディア『ワシントン・フリー・ビーコン(The Washington Free Beacon)』は、トランプ政権の関係筋の話として、先日行われた米中首脳会談で、中国側が米国に滞在している令完成(れい かんせい)を含む汚職役人らの引き渡しを求めたと明らかにしました。
  • 汚染された環境で働く中国の労働者の苦悩描く映画【禁聞】(04/13)
    中国は廉価な人件費で外国企業から製造業務を請け負っていますが、その裏では多くの中国人労働者が有毒物質に汚染された労働環境で病気にかかっています。ドキュメンタリー映画「共犯」では深セン市と広州の電子製品製造工場の有毒な化学物質に汚染され病気になった人々について取り上げています。
  • More..

注目のニュース

新着記事
  • PPP事業は新たな影の銀行なのか

    2017年04月25日
    1月~3月期の中国の国内総生産(GDP)が前年同期比6・9%増となったと発表されました。中国国家統計局は4月17日、インフラと不動産の建設事業が経済成長増加の主因であると述べました。
  • 上海市役所前で数千人が抗議 投資詐欺被害訴え

    2017年04月24日
    4月19日、上海市役所の前に投資詐欺の被害者ら数千人が集まり抗議活動を行ったところ、出動した大勢の警官によって解散させられました。
  • 今年初めの3カ月間に処分された汚職役人8万5千人【禁聞】

    2017年04月24日
    中国共産党中央規律委員会は、全国の規律検査監察機関が今年第一期に処分を行ったのは約8万5千人に達し、そのうち14人が省部級の幹部であったと発表しました。
  • ケーキの箱から中国の刑務所からのメモ 米NYで

    2017年04月24日
    ケーキ屋を経営するニューヨークの女性が包装に使う箱を拓いてみると、中国の刑務所で書かれたものと見られる一枚のメモ書きが入っていました。いったいどういうことでしょうか。
  • 為替操作国の認定回避でも安心できない中国【禁聞】

    2017年04月21日
    アメリカ財務省がこのほど発表した各国の為替政策に関する報告では、トランプ米大統領が選挙で公約に掲げていたのとは異なり、中国を為替操作国に認定しませんでした。今回為替操作国への認定を免れた中国はこれで安心できるでしょうか。
  • 拘束された夫救出のため勇敢に闘う妻たち【禁聞】

    2017年04月16日
    中国当局に拘束されている台湾のNGOメンバー、李明哲(り めいてつ)さんの妻は、夫の消息を得るため北京訪問を予定していましたが、「台胞証(台湾居民来往大陸通行証)」を無効化したためで、事実上入国を拒否されました。
  • 一日に17の金融機関が処罰対象に【禁聞】

    2017年04月16日
    金融危機の発生を防ごうと、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が現在すでに表れている問題の解決を急いでいます。銀監会の最新の発表によれば、3月末のある一日の間に17行の銀行を処罰しました。
  • 米中首脳会談で中国、令完成の引き渡しを要求【中国1分間】

    2017年04月14日
    米メディア『ワシントン・フリー・ビーコン(The Washington Free Beacon)』は、トランプ政権の関係筋の話として、先日行われた米中首脳会談で、中国側が米国に滞在している令完成(れい かんせい)を含む汚職役人らの引き渡しを求めたと明らかにしました。
  • 汚染された環境で働く中国の労働者の苦悩描く映画【禁聞】

    2017年04月13日
    中国は廉価な人件費で外国企業から製造業務を請け負っていますが、その裏では多くの中国人労働者が有毒物質に汚染された労働環境で病気にかかっています。ドキュメンタリー映画「共犯」では深セン市と広州の電子製品製造工場の有毒な化学物質に汚染され病気になった人々について取り上げています。
  • トランプと習近平双方に実りのあった米中首脳会談

    2017年04月11日
    トランプ米大統領と習近平中国国家主席は4月6日と7日の両日、フロリダ州のトランプの別邸マール・ア・ラーゴで会談を行いました。さまざまな報道が出ていますが、今回の会談を総合的に分析すると、トランプ、習近平双方ともに成果があったと言えるでしょう。
  • 地下取引が横行 1年で9000億元が海外流出【中国1分間】

    2017年04月07日
    中国では地下銀行での取引が横行しており、マネーロンダリングや海外送金の主要なルートとなっています。今年以降、広東省だけでも摘発された地下取引の総額は1000億元近くにも達しています。
  • 雄安新区の設置は中国に何をもたらすか?

    2017年04月06日
    中国政府は4月1日、深セン特区、浦東新区に続く新たな特区となる雄安新区を河北省に設置すると発表しました。雄安新区は中国にどのような変化をもたらすのでしょうか。
  • 中国内から資金持出せず外国で融資受ける中国企業【世界が見る中国】

    2017年04月05日
    政府が資金の海外流出を厳しく制限しているため、中国企業は国内の資金を国外の事業運営に当てることが難しくなっています。
  • 国連決議無視 北朝鮮から鉱産物輸入続ける中国【世界が見る中国】

    2017年04月04日
    中国海関総署のデータによると、2月の北朝鮮からの金銀、銅、亜鉛などの総輸入総額は65万ドル。これらの鉱産物は国連の北朝鮮に対する経済制裁措置のリストに挙げられています。
  • 山東省が口火を切った中国の債務リスク

    2017年04月04日
    前回では、多額の債権を抱えた遼寧省の輝山乳業が遼寧省政府から9000万元(約14億4千万円)の救済資金を受けたことを報道しました。そして今度は山東省の大企業が相次いで債権危機に陥り、メディアは「山東危機」と呼び、国家発展改革委員会が関与に乗り出しました。
  • 中国のスパイに情報提供 米国務省女性職員が逮捕

    2017年04月02日
    米国司法省は、国務省で情報収集を担当する女性職員を中国の情報機関員と接触した記録を隠蔽し、FBIに対し虚偽の説明をしたとして3月28日に逮捕したと発表しました。
  • 重慶市 海外サイトへのアクセスに罰則化【禁聞】

    2017年04月01日
    中国政府はフェイスブックやツイッター、グーグルなどの多くの海外サイトへのアクセスを規制していますが、規制をさらに強化しようとしています。
  • 中国系豪大学准教授が中国出国を禁じられる【禁聞】

    2017年04月01日
    シドニー工科大学の馮崇義(ふぅ すうぎ)准教授が広州空港からオーストラリア行きの飛行機に搭乗しようとした際、搭乗を阻まれたとの情報が伝わっています。情報筋がメディアに語ったところによると、中国当局は馮准教授に対し、現地の民主派知識人との関係について何度も取調べを行っていたとのことです。
  • 「死者なし」との政府発表は虚偽だった 遺体も焼却し証拠隠滅

    2017年03月30日
    中国の政府系メディアが、2012年に遼寧省遼陽県で発生した台風災害で4人が死亡、3人が行方不明であると報じました。一方、現地の政府は死者は出ていないと発表しています。政府系メディアが政府に不都合な事実を暴いたのはなぜなのか、関心が集まっています。
  • 母を辱められ殺人事件 中国世論が沸騰【禁聞】

    2017年03月29日
    山東省聊城市(さんとんしょう りょうじょうし)で発生したある殺人事件がネットで関心を集めています。事件の発端は、暴力団とつながりのある金融業者から借りた金を返済できなかった聊城市の女性企業家が、11人の取立人に拘束され性的暴行を受けたことに始まります。
  • 日本など11カ国が連名 中国に弁護士への拷問疑惑調査要求【禁聞】

    2017年03月28日
    中国政府が人権派弁護士が拷問をかけている問題について、国際社会から非難の声が上がっています。このほど11カ国の駐中国大使が中国公安部長に宛てて、弁護士が虐待と拷問を受けている問題を調査するよう求める書簡を連名で送りました。

万華鏡

トップページへ