• 香港警官に実刑 「紅二代」が懸賞金かけ裁判官に暴行示唆【禁聞】(02/23)
    2014年に香港で起こった民主化運動でデモ参加者に暴力を振るった警察官7人に実刑判決が下りました。これを巡り、判決を下した裁判官を殴った者には1万人民元(約16万円)の懸賞金を差し出すと「紅二代」(中国共産党元幹部の子弟)がネットに文章を寄せ、中国政府系紙の『環球時報(かんきゅうじほう)』も判決を非難する社説を掲載しました。
  • 中国 対北朝鮮制裁をどこまで実行するか?(02/22)
    中国政府は18日、北朝鮮からの石炭の輸入中止を突然発表しました。北朝鮮は最も重要な外貨獲得源を断たれることになり、海外メディアが注目しています。
  • 中国の警察が密告アプリを開発し公開(02/21)
    北京の警察当局はこのほど通報、密告をスムーズに行えるスマートフォンアプリ「朝陽群衆HD」を公開しました。民衆の密告に頼って行う統治は社会を益々堕落させると憂慮する声も上がっています。
  • 曽蔭権前香港行政長官が汚職で有罪に(02/21)
    香港高等裁判所は17日、72歳の曽蔭権(そ いんけん)・前香港特別行政区行政長官の裁判で「公職者として不適切な行為を取った罪」により有罪の評決を出しました。最高7年の禁固刑が下る可能性があります。
  • 感染拡大するH7N9型鳥インフルエンザ(02/21)
    中国でH7N9型の鳥インフルエンザの感染が拡大、多くの省で感染が報告されています。生きた鳥を扱う市場が相次いで閉鎖され、鶏肉と卵の価格が大幅に値下がりし、養鶏業者は大きな損害を蒙っています。
  • 中国で流行のH7N9型鳥インフルエンザ ウィルスが突然変異(02/21)
    H7N9型鳥インフルエンザの感染を予防するため、台湾で食鳥処理禁止令が発令されました。一方、感染が広がっている中国の広東省疾病予防制御センターは19日、昨月感染した2人は、鳥類にとって致死率が高いウィルスに突然変異したため、WHOに報告を行ったと発表しました。
  • 香港への鳥インフルエンザの広がり懸念(02/18)
    旧正月が過ぎたばかりの中国で、鳥インフルエンザが猛威をふるっています。広州に近い香港では16日から13日間、生きた鶏の販売が禁止されることになりましたが、大陸から香港への輸入はまだ禁止されていません。
  • 30年後 結婚相手のいない中国人男性3000万人に【中国1分間】(02/17)
    数十年間にもわたる一人っ子政策により、中国では男性の人口が女性を著しく上回る男女比不均衡が起きています。
  • 四川大地震で核事故発生の危機あったと政府役人が証言(02/17)
    2008年に四川大地震が発生した後、多くの海外メディアが地震の影響により核爆発が起こったと報じ、中国政府は国民に真実を知らせるべきと呼びかけてきました。政府は問題について一切説明を行っていませんが、このほど政府官員が番組に出演し、汶川地震の発生後、もう少しで福島の原発事故のような事故が起きそうになっていたことを認めました。
  • More..

注目のニュース

新着記事
  • 香港警官に実刑 「紅二代」が懸賞金かけ裁判官に暴行示唆【禁聞】

    2017年02月23日
    2014年に香港で起こった民主化運動でデモ参加者に暴力を振るった警察官7人に実刑判決が下りました。これを巡り、判決を下した裁判官を殴った者には1万人民元(約16万円)の懸賞金を差し出すと「紅二代」(中国共産党元幹部の子弟)がネットに文章を寄せ、中国政府系紙の『環球時報(かんきゅうじほう)』も判決を非難する社説を掲載しました。
  • 中国 対北朝鮮制裁をどこまで実行するか?

    2017年02月22日
    中国政府は18日、北朝鮮からの石炭の輸入中止を突然発表しました。北朝鮮は最も重要な外貨獲得源を断たれることになり、海外メディアが注目しています。
  • 中国の警察が密告アプリを開発し公開

    2017年02月21日
    北京の警察当局はこのほど通報、密告をスムーズに行えるスマートフォンアプリ「朝陽群衆HD」を公開しました。民衆の密告に頼って行う統治は社会を益々堕落させると憂慮する声も上がっています。
  • 曽蔭権前香港行政長官が汚職で有罪に

    2017年02月21日
    香港高等裁判所は17日、72歳の曽蔭権(そ いんけん)・前香港特別行政区行政長官の裁判で「公職者として不適切な行為を取った罪」により有罪の評決を出しました。最高7年の禁固刑が下る可能性があります。
  • 感染拡大するH7N9型鳥インフルエンザ

    2017年02月21日
    中国でH7N9型の鳥インフルエンザの感染が拡大、多くの省で感染が報告されています。生きた鳥を扱う市場が相次いで閉鎖され、鶏肉と卵の価格が大幅に値下がりし、養鶏業者は大きな損害を蒙っています。
  • 中国で流行のH7N9型鳥インフルエンザ ウィルスが突然変異

    2017年02月21日
    H7N9型鳥インフルエンザの感染を予防するため、台湾で食鳥処理禁止令が発令されました。一方、感染が広がっている中国の広東省疾病予防制御センターは19日、昨月感染した2人は、鳥類にとって致死率が高いウィルスに突然変異したため、WHOに報告を行ったと発表しました。
  • 香港への鳥インフルエンザの広がり懸念

    2017年02月18日
    旧正月が過ぎたばかりの中国で、鳥インフルエンザが猛威をふるっています。広州に近い香港では16日から13日間、生きた鶏の販売が禁止されることになりましたが、大陸から香港への輸入はまだ禁止されていません。
  • 30年後 結婚相手のいない中国人男性3000万人に【中国1分間】

    2017年02月17日
    数十年間にもわたる一人っ子政策により、中国では男性の人口が女性を著しく上回る男女比不均衡が起きています。
  • 四川大地震で核事故発生の危機あったと政府役人が証言

    2017年02月17日
    2008年に四川大地震が発生した後、多くの海外メディアが地震の影響により核爆発が起こったと報じ、中国政府は国民に真実を知らせるべきと呼びかけてきました。政府は問題について一切説明を行っていませんが、このほど政府官員が番組に出演し、汶川地震の発生後、もう少しで福島の原発事故のような事故が起きそうになっていたことを認めました。
  • 香港で失踪した大富豪 会社の従業員らが出国できず

    2017年02月15日
    中国の大富豪で「明天集団」の創始者である肖建華への捜査が始まったようです。『ニューヨークタイムズ』14日付は、肖建華の会社でコンピュータシステム管理責任者を務める従業員が12日、香港空港から日本へ向かおうとした際、拘束されたと報じました。
  • 中国の石油基地で工場建設反対デモ 

    2017年02月15日
    石油基地である中国黒竜江省大慶市で、汚染に不満を持つ市民数万人が14日、市役所前の広場で大規模な抗議デモを行いました。
  • 金正男毒殺で紛糾する中国ネット

    2017年02月15日
    北朝鮮の最高指導者、金正恩の異母兄である金正男が14日午前、マレーシアで毒殺されました。
  • 昨年度米国亡命を申請した中国人1万8千人に

    2017年02月15日
    アメリカ移民局が発表した最新のデータによると、2016年に庇護を求めた中国人は1万7745人で、1万8155人のベネズエラ人にこれまで長く君臨してきた1位の座を譲りました。
  • バチカンが中国の臓器移植犯罪の張本人招き反臓器売買会議開く【禁聞】

    2017年02月13日
    バチカンで開催されている「違法な臓器売買に反対する国際サミット」に、政治囚らから違法に臓器を摘出し売買する行為に関わってきた中国衛生部の黄潔夫(こう けつふ)元副部長らが出席していることをめぐり、多くの国際組織が中国政府はバチカンを利用して罪を隠蔽(いんぺい)しようとしていると非難する声明を発表しました。
  • ラガルドIMF専務理事「トランプ政権下で米経済は成長」

    2017年02月13日
    国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は12日、トランプ米大統領の経済政策によってドルの利率が上昇しドル高となれば、世界の貿易にとっては難しい局面となるも、アメリカの経済にとっては有利になると発言しました。
  • 台湾議員 トランプ習近平電話会談で「一つの中国」言及も米台関係に影響なし

    2017年02月12日
    トランプ・安倍会談が将来の米中関係やアジア太平洋地域に新たな局面をもたらした場合、台湾はどうすればよいのでしょうか。
  • 中国の臓器狩り疑惑 抜き打ち調査を拒否

    2017年02月12日
    バチカンで2日間にわたって行われた「違法な臓器販売に反対する国際サミット」で、中国の移植システムは不透明であり抜き打ち調査を行うべきだとの専門家の指摘に対し、中国側の代表はこれを拒否しました。
  • トランプ、習近平への書簡の意味は?

    2017年02月11日
    就任後多くの国の首脳と電話や会見を行ってきたトランプ米大統領ですが、中国とだけはずっと接触がありませんでした。しかし8日、トランプ大統領は習近平国家主席に対し、元宵節を祝い米中両国が「建設的な関係」を発展させることを願うとする旨の書簡を送りました。
  • 「中国によって死に至らしめられる」 トランプ大統領の新しい対中政策

    2017年02月09日
    トランプ米大統領が新設した国家通商会議(White House National Trade Council)代表に就任した経済学者のピーター・ナヴァロ(Peter Navarro)氏は、中国を長年研究してきました。
  • 中国31都市 26万人が大気汚染が原因で死亡【禁聞】

    2017年02月09日
    北京大学がまとめた大気汚染に関する報告書によると、中国の31都市で大気汚染が原因で死亡した人の数は、2013年だけでも26万人に上ることが明らかになりました。
  • 天安門で再び車炎上 「敏感」情報すぐさま削除【禁聞】

    2017年02月07日
    3日朝、インターネットで1本の動画が話題となりました。動画は同日朝7時過ぎに北京市内にある天安門広場の金水橋前で起こった自動車事故の様子を映したもので、タイヤが空中に放り出され、車体から白い煙が立っています。

万華鏡

トップページへ