• 迫害が終わる日まで続く 日本の法輪功学習者の信念と頑張り(07/24)
    皆さん、街頭で法輪功学習者からビラを受け取った経験がありませんか。日本の各地で法輪功学習者が、真相を書いたビラを配っている光景が見られます。次のニュースでは、私達の日本の記者が皆さんを連れて、法輪功学習者を追跡し、彼らの踏ん張りと信念を貫く姿勢を探ってみましょう。
  • 7月20日 「中国政府の法輪功迫害反対!」 世界中で抗議デモや集会(07/24)
    法輪功への迫害が始まって今年で17年目となる7月20日前後、世界各地で抗議デモや犠牲者への追悼集会が行われました。参加者は迫害の事実を人々に訴えるとともに、中国共産党が迫害を止め、元凶の江沢民元国家主席を処罰するよう告発しました。
  • 山西省、河北省、河南省連続で爆発事故、死傷者数不明(07/24)
    中国の山西(さんせい)、河北(かほく)、河南(かなん)では、最近、連続で爆発事故が発生し、山西省国有企業の北化アルミニウム化学工業会社の爆薬の生産ラインで、19日夜、爆発が発生し、死亡者数は7人だとのことです。
  • 中国郵便局員の態度がネットで暴露され非難殺到(07/24)
    中国の郵便局員が荷物の積み下ろしの際、小包を乱暴に投げている様子がネットに投稿され、批判の声が高まっています。「中国共産党の長期にわたる監督の怠慢が生んだ現象」と非難する声も聞かれます。
  • 香港学生運動リーダー黄之鋒さんら3人に有罪判決(07/24)
    香港学生運動リーダーの黄之鋒(こう しほう)さん、羅冠聡(ら かんそう)さん、周永康(しゅう えいこう)さんは、2014年9月「公民広場奪還」事件の違法集会で告訴されていた件について、香港裁判所は3人に「有罪」判決を下し外界からの注目を集めています。
  • 豪雨の北京 故宮は600年前の排水システムで浸水せず【中国1分間】(07/22)
    7月20日、集中豪雨に見舞われた北京では過去の同時期降水量の記録を超え、市街地が至る所、海のようになりました。しかし、故宮だけは600年前の排水システムのおかげで難を逃れたようです。
  • 南シナ海仲裁のKFC抗議は非理性的 当局コメント【世界が見る中国】(07/22)
    趙紫陽,炎黄春秋,ベトナム,南シナ海, 文集
  • 法輪功迫害が中国政局に与える決定的大打撃(07/22)
    法輪功が中国政府の迫害を受けて17年目となる今年7月20日、法輪功学習者が生きたまま臓器を摘出され、臓器移植ビジネスに利用されるという中国政府の犯罪を非難する343決議案もアメリカ議会で通過し、国際社会を驚かせています。時事評論家の藍述(らんじゅつ)氏は、中国の政局が水面下で大きな変化をしていると指摘しています。
  • 記事誤植で恐れる内部粛清 中央宣伝部がネット最大手を調査、処罰へ(07/22)
    中国インターネット最大手テンセントのニュースサイトが7月1日、中国共産党成立95周年大会で習近平国家主席が行った講話についての記事で、「習近平が重要な講話を発表」と記述するところを誤って「習近平が狂って重要な講話を行う」と記述したことが、政府内で問題となっている。
  • More..

注目のニュース

新着記事

万華鏡

トップページへ